公開可能な一部の事例をご紹介

【事例1】農業法人におけるプロジェクト化

 特に北海道では大規模な農地を活かした農作物の生産はもちろん消費者への販売まで一連の流れについて、地元販売所や組合任せではなく農業法人自身が全国へ向けて販路を広げて利益を最大限にすることが、産業発展に重要な要素と言えます。職場計画では法人化する前よりこれまでのノウハウ・実績を農業法人の業務効率化、6次産業化にも活かせないかと考え以下の取り組みを行いました。

 例えば携帯電話やパソコンはこの10年であれよあれよと進化してきました。では、農業はどうでしょうか?まだまだ「昭和」から変わらない作業を繰り返し「大変だ」というのは早期に答えを出しすぎているのかもしれません。畑の真ん中でも野菜販売所でもおじいちゃんたちはスマートフォンを操作しています。つまり手元やポケットの中だけは時代と共に進んでいるのです。だからこそ環境を産業にマッチングさせて「大変だ」から「楽しい」に移行していけば「時間」が生まれてそこに「価値」が登場すると考えております。是非農業法人様、個人経営の方、職場計画と会話してみませんか?

①お店のブランディング・商圏の拡大
(「なぜその店じゃないといけないか?」「遠くからでも買いたい」「通販でも買いたい」と思っていただけるアイデンティティの創出)

②農業データのクラウド化「見える化」
(作物別売上進捗、別作業時間、圃場MAP、栽培スケジュールなど)

③スタッフの作業効率化・地域農場やお店との伝達効率化
(出勤表、日報・作物報告の電子化→スマホで完結、チャットツールの活用、最小限のPC機材・ソフトの導入、電話・FAXなどアナログ方式連絡の削減)

④Eコマースの強化(BtoC)
(お客様へ直接商品提供するためのノウハウ、リアル商品からの導線創出、WEBサイトの制作管理 ※スマホ主体での注文対応に特化)

⑤スタッフが楽しく農業に取り組めるような環境づくり
(Twitter、Instagram、facebook、Youtubeなど各SNS・動画配信サイトで情報発信することの「オモシロサ」の取り組み。)

【事例2】スポーツ専門店におけるプロジェクト化

 年々少子高齢化は加速してゆき、2020年度の出生率は過去最低水準となってきました。スポーツ業界ももちろん「プレイヤー人口」に影響を受けやすいジャンルといえます。2019年末からのコロナ禍の影響でプロからアマまで部活や試合の制限があり、業界全体に活気が欲しいと願う企業の方も少なくはないのではないでしょうか?

 とはいえ、国民的スポーツである「野球」を例にしても、この世からジャンル自体が消滅するとは考えられません。気づけば野球ゲームに没頭しているように、野球は子供達には夢を与え、大人たちはいくつになってもボールが飛んで行く先が気になることでしょう。職場計画では、こういった専門店をもつ企業様向けに以下の様な取り組みを行っております。自由な「時間」が生まれることで野球を楽しむ「価値」がさらに登場します。

 また、事業継承時に先代からの運用方法では物理的・仕組み的に限界を感じている場合、ちょうど継承のタイミングだからこそ良いところを保持しつつ時代に合わせた運用方法へアップデートすることで明るい未来を見出すことも不可能ではありません。是非販売関連の企業様、メーカー様、職場計画とまずは会話してみませんか?

①お店のブランディング・商圏の拡大
(「なぜその店じゃないといけないか?」「遠くからでも買いたい」「通販でも買いたい」と思っていただけるアイデンティティの創出)

②販売データ・ユーザーセグメント別分析「見える化」
(日次、月次、年次集計、KPI分析、販売計画の推進)

③スタッフの作業効率化・残業時間の削減
(出勤表、日報の電子化、チャットツール、ビデオ会議の活用、最小限のPC機材・ソフトの導入、電話・FAXなどアナログ方式連絡の削減)

④Eコマースの強化(BtoC)
(お客様へ直接商品提供するためのノウハウ、リアル商品からの導線創出、WEBサイトの制作管理 ※スマホ主体での注文対応に特化)

⑤スタッフが楽しく商業に取り組めるような環境づくり
(Twitter、Instagram、facebook、Youtubeなど各SNS・動画配信サイトで情報発信することの「オモシロサ」の取り組み。)