学習塾や教材販売を例に考えてみましょう。あなたもしくはご家族などが「〇〇について勉強したいな」と思ったとき、必要だとまず思うのは塾であったり、参考書であったり、ネットで独学などいろいろ方法はあります。

教材や参考書だけを売りにくる人・多くの生徒さんを前に講義形式の授業をする先生・マンツーマンで指導をする家庭教師がいたとします。これはDXにも当てはまるもので。

それと同様に、DXについてもあなたに合った「学びの方法」があります。

自社のシステムや商品ありきで、それを売ることが目的の「コンサルさん」=は参考書や教材を売りに来る業者さんのようなもので DXとはいっても厳密には開発会社のような側面があります。
多人数のセミナーを開催する「コンサルさん」=は講義形式の授業をする先生
マンツーマンで指導をしてその人にあった授業の方法や参考書などを一緒に考える家庭教師が職場計画になります。

経営コンサルタントをはじめ、「〇〇コンサルタント」というワードが広く使われ、「この人は何をするコンサルなんだろう?」と「コンサル」と名の付く方に会う度に考えさせられます。ということは、コンサルティング(consulting相談)が色々な業界で必要とされているとも取れます。私たち「職場計画」職場の企業活動をスムーズにして「価値ある時間を創出する」企業です。

をあえて「業務コンサルティング」と表現させていただいております。

日々の業務を「見える化」「仕組み化」して利益の最大化を目指します。KPIや中長期計画にとどまらず、人件費、システム利用料、リース料金など無駄なサービスやシステムなどを見つけ出し、業務効率を上げつつキャッシュアウトを少なくする伴走型DX業務を得意とします。先代経営者より事業承継を行った次世代経営者の方がよく目の当たりにする「事業承継あるある」によってなかなか進まないDXも同時にに解決していきます。

導入予定および導入済のシステムやソフトウェアについて製造販売元では手の届かない「業務に合った使い方」をサポート。業務効率化に向けての「安価で適切な」ソフトウェア選びと継続して使い続ける支援をいたします。弊社は特定のシステムやソフトウェアとの独占的な販売代理店契約を結ばないため、特定のシステムを無理に勧めず「お客様の職場環境にあったツール」を提案し支援いたします。

レコード会社・音楽制作会社・大手ゲーム会社でのプロデューサー/ディレクター経験より、WEB制作・音楽動画制作(UAV【ドローン撮影可】)・印刷物制作など、クリエイティブ制作について対応いたします。業務コンサルティングとセットで行うことで御社の業務内容を熟知した上でのクリエイティブ制作、経営者様が台本や仕様書を用意する手間がほとんどかからず便利と好評です。(リピート率94%※弊社案件)

中小企業様がECサイト・アプリ等を新規で立ち上げる際、それに慣れている業界や大企業に比べて「どうすればいいの?」がございます。経営者様の限られた時間の中で「エンジニアさんの言っている意味がわからない」「そもそも仕様書が作れない」など、自社開発において経営者様とベンダー企業様の間で「こんなはずじゃなかった」を作らないように客観的なディレクション・進行管理等をサポートいたします。


DXってナニ?

デジタルトランスフォーメーション(英: digital transformation)は、デジタルテクノロジーを使用して、ビジネスプロセス・文化・顧客体験を新たに創造(あるいは既存のそれを改良)して、変わり続けるビジネスや市場の要求を満たすプロセスである。デジタル変革やDXともいう。

Wikipediaより引用

上記以外の企業の経営者・ご担当者の方もお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP